英語の学習方法の3つのポイントは?【家庭教師のアーチ】

こんにちは!家庭教師のアーチ、代表の白岩です。

今回は「英語の学習方法の3つのポイント」をお話ししていきます。

今回のテーマ
「英語の学習方法の3つのポイント」


英語の成績を上げたいけど、日ごろから何をしていけばいいのか「やり方」が分からずに成績が上がらない・・・。そういう方はぜひ参考にしてみてくださいね!

成績を上げていこう!と考えたときに漠然と勉強していてはなかなか成績は上がりません。
考え方として大事なのは「目的」から逆算して考えていくことです。要は自分が先生の立場であれば、教科書の内容のどこから出題するか?言い換えれば「どこを理解してほしいか?」「どういう学力をつけてほしいか?」という部分を試験で試す形になります。

今回はそこを中心に考えてみましょう!

① 英単語・英熟語をちゃんと覚える

まず英語を理解する上での大前提は英単語英熟語です。

中学や高校で覚えないといけない英単語や英熟語は決まっているので、テストを通してちゃんと覚えているか?を試さなくてはいけません。

逆に言えば、教科書に出てくる英単語や英熟語を一つ一つちゃんと覚えていけば、よほどの難関校、難関大学を目指さない限りはクリアーすることが出来ます。

まずは教科書に出てくる英単語や英熟語に関しては、定期テストも含め受験にも非常に大事になってくるので必ず覚えるようにしましょう。

② 構文をちゃんと覚える

英単語や英熟語と同じように、中学や高校で必ず覚えないといけない構文も決まっています。

構文に関しては、空欄補充や並び替え、英作文など出題形式も色々なパターンを作れるので、ワークなどに出てくる問題で色々な角度からの出題形式に慣れておくようにしましょう

③ 教科書の本文をちゃんと覚える

最後に①②のまとめとして、教科書の本文をちゃんと覚えるようにしましょう

その時のコツとしては、本文の文章から日本語に訳すことが出来ること、逆に日本語の訳から英語で文章がかけること、その両面が出来るようになっておきましょう。

その中で①英単語や英熟語②構文が必ず含まれているので、使い方もしっかりと理解しておきましょう。学校の先生も①②を通して英語の長文を日本語として理解できる、日本語を英語に言い換えることが出来るという力を最終的にはつけてほしいと思っています。

 

ここまでちゃんと日ごろから学習できていれば90点以上は取れるようになります。
テスト前にまとめて覚えると理解が薄く、テストの時に思わぬミスをしてしまったりします。

日ごろの授業に対して、必ず予習復習を行うようにしましょう。予習をすることで学校の授業が復習になり、復習することで学校の授業の理解が深まります。

①予習②授業③復習④テスト勉強という流れを作って何回も同じ内容を振りかえすようにすれば定期テストや受験も楽にクリアーすることが出来ます。


いかがでしたか?家庭教師のアーチでは「勉強のやり方」が分からない・・・というお子さんが少しでも成績アップ出来るようにサポートしていきます。

もしお子さまのお勉強でお困りな点がございましたら気軽にご相談くださいね!

お問い合わせはこちらから

 先生派遣エリア