英語学習に必要な4つのノートとは?【家庭教師のアーチ】

こんにちは!家庭教師のアーチ、代表の白岩です。

今回は「英語学習に必要な4つのノート」についてお話ししていきます。

今回のテーマ
「英語学習に必要な4つのノートとは?」


テスト前に勉強はするけどイマイチ効率が上がらない・・・。勉強のやり方で困っている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

英語学習に必要な4つのノートを説明していきます。テスト前に作るという事ではなく、日ごろの授業の段階で作っていき、テスト勉強を効率よく行えるようにするためのものです。日ごろからしっかり積み上げていきましょう!

① 授業用ノート

これは教科書の本文や構文とその和訳、先生の説明をメモしておくためのノートです。

以前のブログでも説明した通り、テスト問題を作る先生は「構文」などの文法事項、本文を「和約・英訳」できるかを試してきます。また授業中に「ここがテストに出るよ」という話が授業中に出ることも多いと思います。

それをもれなくチェックしてテスト前に確認できるようにしましょう!

② 演習用ノート

このノートはワークなどを解くときに使うノート演習用のノートです。

問題を解くためのノートなのできれいにまとめる必要はありません。どの問題が間違いやすいかをテスト前にチェックして集中的に間違った問題を解き直すようにしましょう!

③ 単語・熟語ノート

これは単語や熟語をまとめたノートです。

英語や熟語は英語学習の基本です。覚えているだけで点数が取れる部分なので、英語が苦手という人も必ずここだけはしっかりまとめておきましょう!
英訳や和訳の問題でも単語や熟語の意味が分かっているだけで部分点を取ることも出来ます。

④ 対訳ノート

これは左側に教科書の英文、右側に日本語訳を書くノートです。

英語のテストでは、英語の文章を日本語に訳す(和約)と日本語を英語の文章に訳す(英訳)の力を試す問題が必ず出てきます。高校受験や大学受験では当然ですが、すでにならった英長文が出ることはほとんどなく、テストの時に新しい英長文が出てきて、その問題を解いていく流れになります。

そう考えれば、教科書に載っていて授業で取り扱う文章に対しての和約や英訳の力というのは基本的な能力になります。その力がついていなければ本番で点数を取っていくことはできません。定期テストだけではなく、受験本番への対策になることも含めてしっかりと力をつけていきましょう!


いかがでしたか?家庭教師のアーチでは「英語が苦手」「英語の勉強のやり方が分からない」というお子さんをしっかりとサポートしていきます。

ご興味のある方は気軽にお問い合わせくださいね!

お問い合わせはこちらから

 先生派遣エリア