英語学習で絶対にしなくてはいけないことは?家庭教師のアーチ

こんにちは!家庭教師のアーチ、代表の白岩です。

今回は「英語学習で絶対にしなくてはいけないこと」をテーマにお話ししていきます。

今回のテーマ
「英語学習で絶対にしなくてはいけないこと」


私も色々な生徒さんと接する機会があるのですが、中学生は特に「英語」「数学」を苦手にしているお子さんが多いですね!これまで私自身も家庭教師や塾講師などの経験がありますが、勉強を苦手にしているお子さんで英語と数学は出来るけど他の教科が出来ない・・・というケースにあたることはほとんどありませんでした。

今日は「英語」に焦点を絞って「まずは何をすべきなのか?」を家庭教師や塾講師の経験を通してお伝えできればと思います。

① 英単語を覚えなければ何も始まらない

まず英語学習において最優先にしなくてはいけないことは「英単語を覚えること」です。

簡単に言えば「日本語」を勉強する人が「日本語の単語」を全く知らないのと同じです。

でも意外と「英単語を覚えていない」状態なだけなのに「自分は英語が苦手なんだ」と思い込んでいるお子さんが非常に多いんですよね。

覚える内容にしても難しい単語を覚える必要はなく、教科書に出てくるレベルの英単語が覚えられれば、よほどの難関高校を受験したりしない限りは問題はないです。

② どうやって覚えるのが効果的か?

では英単語を覚えるときにどのような覚え方をすれば効果的なのか?

でもそれが大変でなかなか出来ないから挫折してしまうんですよね・・・。

私が家庭教師をやっていたときに生徒に話していたのは「覚える」と考えると大変なイメージがあるので「毎日触れる」というイメージで生徒にはやってもらっていました。

例えば「好きな歌の歌詞」とか「好きなスポーツ選手」とか「覚えよう!」と言って覚える人ってあまりいませんよね。好きだから何回も同じ歌を口ずさんだり聞いたりしていくうちにいつの間にか覚えてしまう事ってありませんか?

要は触れる回数が多ければ多いほど自然と定着していくという事です。

やり方としては昔ながらのやり方ですが、表に「英単語」裏に「その意味」を書いて単語カードを作り、移動中や休憩中、寝る前とかに見ると良いと思います。

何回も見ていると意識しなくても意味が出てくる単語が出てくるので、そこまで行ったらそのカードは抜いていくと減っていくカードに達成感を得ることが出来ます。

③ 文法も同じように覚えていく

英単語を覚えたら文法も覚えていかなくてはいけません。

やり方は「例文として暗記する」のが効果的です。

教科書の単元ごとに例文が出ていると思うので音読して暗記しましょう!

教科書のCDを持っているなら聞きながらやると非常に効果的です。発音やアクセントの練習にもなりますし、受験でもよく出てくる「リスニング問題」の対策にもなります


いかがでしたか?私の運営している「家庭教師のアーチ」も英語を苦手にしているお子さんをしっかりフォローしています。ご興味がございましたら気軽にお問い合わせくださいね!

お問い合わせはこちらから

 先生派遣エリア