英語を得意にするためには?家庭教師のアーチ

こんにちは!家庭教師のアーチ、代表の白岩です!

今回は「英語を得意にするためには?」をテーマにお話ししていこうと思います。

今回のテーマ
「英語を得意にするためには?」

 

よく家庭教師をやっていると「なんで英語なんて勉強しないといけないの?」と生徒さんに聞かれることがあります。
どうしても目先の勉強だけを見ていると、英語が苦手な生徒さんからそういう質問が出るときがやはり多いです。。。

① そもそも英語ってどんな教科なの?

高校入試で英語が出題されるのはもちろんですが、文系・理系と分かれる大学受験においても必ずと言っていいほど出題される大学がほとんどなのです。

なぜ入試で英語は重要視されているのでしょうか?

まずは英語という言語が最も多くの国で話されている言語だからです。英語をマスターすれば多くの人とコミュニケーションをとることが出来、海外旅行や仕事で外国に行く場合で考えても英語はとても重要なのです。

以前私が家庭教師としてお子さんを教えていた時、英語が苦手なお子さんに将来の夢とつなげて「英語を勉強した方が夢に近づくよ」という話をして意欲が湧いた子もいました。

特に中学の英語はとても大切で、高校で習う文法もほとんどが中学で習うものが基礎になっています。中学で英語を克服しておけば高校での英語もかなり楽に学ぶことが出来ますが、逆に苦手意識を中学の間に作ってしまうと高校3年間の英語でかなり苦労することになります。

② 英語を得意にするためには?

英語を得意にするためには、勉強方法をあまり型にはめない方が良いです。

例えば好きな音楽、洋楽がベストですが、今は邦楽でも英語がたくさん入ってくるので、自分が好きなアーティストの歌詞を「どういう意味なのかな?」くらいで調べてみるのも楽しいですし、洋画が好きな人なら字幕を見ながら英語に親しんでもいいかもしれません。

これも以前に家庭教師で教えていたときの話ですが、好きな歌手の歌詞を一緒に辞書で調べながら意味を解釈して楽しみながら指導した時もあります。

また最近はスマホを持っているお子さんたちも多いので「無料のアプリ」で英単語や英文法をゲーム形式で出来るものもあります。学校の勉強だけだとなかなか入っていけないというお子さんは型にはまらずに「楽しい!」と感じるものを取り入れて英語に親しんでみましょう!


いかがでしたか?私の運営する「家庭教師のアーチ」では英語が苦手なお子さんもしっかりとフォローしています!興味がある方がいらっしゃいましたら気軽にお問い合わせくださいね!

お問い合わせはこちらから

 先生派遣エリア