家庭教師の値段(中学生)が安い!家庭教師のアーチ

こんにちは!家庭教師のアーチ、代表の白岩です。

今回のテーマは「中学生のお子さん」に家庭教師をつけるときの値段についてお話ししようと思います。

今回のテーマ
「中学生のお子さん」に家庭教師をつけるときの値段

やはり家庭教師選びのときの判断基準として「値段」は大事な要素ですよね?いくら良さそうな家庭教師でも「値段」があまりにも高ければ決めるのは難しいところがあると思います。

① 学校の補習と難関高校受験では値段が違う

中学生のお子さんに家庭教師をつけるときの目的として大きく分けると2つあると思います。
まずは「学校の補習(一般的な高校受験)」、もう一つは「難関高校受験」です。

一般的な高校受験は基本的に学校の教科書で習った内容から出題されますが、難関高校受験(特に偏差値70前後の私立高校)の場合、かなり応用的な出題も多く、これまでの出題傾向を細かく研究し対策する必要があるため一般的に値段が高くなる傾向があります。

学校の補習(一般的な高校受験)でつける家庭教師であれば中学生の場合「月々20000円~30000円」くらいですが、難関高校受験を目的とする場合は「月々30000~50000円」が相場になります。またその受験校に特化したプロ家庭教師などをつける場合は100000円以上というケースも珍しくありません。

② 家庭教師センターと個人契約はどちらが良いのか?

家庭教師を探す手段として「家庭教師センター」で教師を探してもらうか、そういう会社を通さずに「個人契約」をする2つの形式があります。

家庭教師センターの場合は会社ごとに「料金システム」が違うので事前にしっかりと情報を集め、ご家庭のご予算やお子さんの学習状況に合ったところを選ぶと良いと思います。

また個人契約の家庭教師に関しては会社を通さないという性質上、トラブルも多い現状があるので注意が必要です。知り合いなどではない限りは「家庭教師センター」を通して探したほうが安心ですし、どうしてもお子さんとの相性が合わないときもすぐに代わりの先生をあたってくれるというメリットもあります。

③ 月謝以外にかかる金額も確認が必要

ただひとつ注意が必要なのは「家庭教師センター」を通して家庭教師を頼む際に、月謝以外にかかる料金がどのくらいあるのかも事前に確認が必要です。

例えば「入会金」「管理費」「教材費」など、月謝以外にもかかるケースが多いので、実際に頼んでみたら「思っていたより負担になった」という話も良く聞きます。事前に必ず確認してから頼むようにしてみてくださいね!

では最後にポイントをまとめておきます。

  1. 学校の補習(一般的な高校受験)と難関高校受験では値段が1.5倍~2倍違ってくる
  2. 知り合いに頼む以外は家庭教師センターに頼んだ方が安心
  3. 入会金や管理費・教材費などの月謝以外の金額を確認する

いかがでしたか?ぜひ「中学生のお子さん」に家庭教師をつけるときの参考にしてくださいね!

私の運営する「家庭教師のアーチ」は値段も安く「中学生のお子さん」に家庭教師をつけることが出来るような料金設定にしています。

ご興味のある方は気軽にお問い合わせくださいね!

お問い合わせはこちらから

 先生派遣エリアMAP 

エリアマップ

エリアは随時拡大中ですので、お気軽にお問い合わせください