家庭教師の探し方は?家庭教師会社だけが知る大切なポイント

家庭教師のアーチ、代表の白岩です!

6月も中旬にさしかかり、これからの定期テストの対策として家庭教師をお考えになっているご家庭も多いのではないでしょうか?

そこで今回は良い家庭教師の探し方は?ということをテーマにお話ししていきたいと思います。

私の運営している家庭教師のアーチでも家庭教師を紹介しておりますが、他の家庭教師会社で頼むときにも応用できる内容だと思いますのでぜひ参考にしてみてくださいね!

今回のテーマ
「良い家庭教師の探し方は?」

① 依頼をするときの条件が大切

どこの家庭教師会社もご家庭に合う先生を一生懸命探します。

ただ頂いた条件によってあたることのできる先生が限られてくるのも事実です。

「この曜日が可能ならこの先生オススメなんだけどな・・・」
というようなことは頻繁に起こります。

そこで家庭教師会社に先生の条件を提示するときは
「この曜日で」
と限定はせずに
「この曜日だけ除いてくれ」
という感じで可能な限り広い条件で提示しましょう。

もちろん「時間帯」「性別」に関しても同様です。

ここを意識して頂くだけでも候補の教師数が何倍も変わってきます

分母の教師数が多くなればその分良い先生にあたる可能性はぐっと上がります

② 無料で交代できる会社を探す

次に大事なのは、万が一相性が合わなかったときに「無料」で交代できる家庭教師会社を探すことです。

どんなに条件を広げて「この先生がオススメです」ということになっても、先生も人間、生徒も人間なので本当に合うかどうかは始めてみないとわかりません

そんな時に教師を代えるたびに料金がかかってしまうと軌道に乗るまでに大きな負担がかかってしまうので、「無料」で交代できる家庭教師会社を探すことが大切です。

③ 会社側の熱意が大事

ここまで話してきたことはあくまで形式的なことです。

最終的には派遣する側の会社が「少しでも良い先生をご家庭に紹介するんだ!」という意識が強いかという部分で決まると思います。

わたしの経験上ですが、会社側にそういう考えがあるかどうかは働いているスタッフにも良い意味でも悪い意味でも必ず浸透します。

分かりやすく言えば、電話で問い合わせをしたときのスタッフの対応で「ここなら安心してまかせられそうだ」という会社を選びましょう!

よくインターネット上に「口コミ」とか「ランキング」のページがありますが、正直あまりあてになりません

それは「良い口コミ」は、その業者自体がページ自体を運営しているケースもありますし、ライバル業者が悪口を書き込むことも頻繁にあるからです。

実際に電話で問い合わせしてみて会社の雰囲気を自分で感じて決めることが大事です。

 最後にまとめておきます。

 良い家庭教師の探し方のコツ

① 依頼するときの条件を限定しすぎない

② 無料で交代してくれる会社を探す

③ 口コミ、ランキングなどをうのみにせず実際に問い合わせて決める

いかがでしたか?私の運営する家庭教師のアーチ「少しでもお客さまに喜んでもらいたい」という気持ちで頑張っています!

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせはこちらから

 先生派遣エリアMAP 

エリアマップ

エリアは随時拡大中ですので、お気軽にお問い合わせください