国語を攻略するための2つのポイントは?家庭教師のアーチ

こんにちは!「家庭教師のアーチ」代表の白岩です。

今回は「国語を攻略するための2つのポイントは?」をテーマにお話ししていきたいと思います。

今回のテーマ
「国語を攻略するための2つのポイントは?」

 

家庭教師で教えていた時に「国語の成績をあげるためには何をしたら良いですか?」という相談を保護者さまや生徒さんによく聞かれていました。

他の教科と比べて国語って少し漠然とした部分がありませんか?

例えば「本をたくさんよめば読解力がつく・・・?」のように。

 

では今回は出来るだけ具体的に成績アップに近づく方法をお話ししていきますね!

① まずは漢字を覚えることが大前提!

英語で英単語を覚えることが大前提であるかのように、国語であれば漢字を覚えることが大前提になってきます。

テストでも必ず出題されますし、漢字が読めなければ文章を読むことが出来ません。

 

また、文章読解に関しては得意・不得意が分かれる部分ですが、漢字は覚えれば点数につながるので非常に大事です。

それだけで10~20点は違ってきます。まずはテストの漢字問題は満点をとれるように練習しておきましょう!

 

勉強方法としては「とにかく書いて覚える」ことです。

ただ見ているだけではなかなか覚えられません。一番怖いのは見ているだけだと「書ける気になって」しまうことが多く、テストの時に実際には書くことができずに点数が取れないケースが多いからです。

とにかく書いて覚えましょう!

 

そこでひとつ工夫すると効果的なのが、漢字だけではなく熟語もセットで覚えることです。

例えば「遇」という漢字だけでなく「処遇・境遇・千載一遇」のようにすれば同時に熟語も覚えることが出来て効率的ですよ。

② 定期テスト対策はとにかくメモすること!

国語の定期テスト対策はとにかく「授業中にたくさんメモをとる」ことです。

国語の授業ほど授業をちゃんと理解しないと点数が取れない教科はありません。

 

例えば、学習する文章の作者の主張・登場人物の心情などを先生が解説してくれます。

黒板を書き写すだけでなく先生の話していることをノートにメモすることが大事です

先生が解説している部分は当然テストでも出る可能性が高いので点数アップにつながりやすいですよ。


いかがでしたか?

「家庭教師のアーチ」では国語が苦手なお子さんをしっかりフォローしていきます。

気軽にご相談くださいね!

お問い合わせはこちらから

 先生派遣エリア

先生派遣エリア